malignant

 TOHOシネマズで「マリグナント」を観た。
James Wan監督の新作ホラーで、
俯瞰が多用されているのも、居合切りのようなスピード感のカメラもよかった。

Wan監督の作品は映像が美しいのはもちろんだけど、
どの作品にも「人間って悲しいよね」「身近な人を大切にしたいね」と思わせる王道テーマがしっかりと描かれている。

ホラー映画のバリエーションというのは限られているので、
その中での人間関係とか、セットの時代感とか、造形物(幽霊とか怪物)の撮り方とか、
そういったものを真面目に掘り下げているの作品が本当に好き。
派手さはないけど、愛を感じる。

マリグナントというのは、「悪性」という意味で、映画を観た後に「なるほど」と思った。
ネタばれになるからあまり言えないけど、
確かに自分が悪性呼ばわりされたら、怒っちゃうよね~。

今まで観た中で一番怖かった映画は何だろうと思って振り返ってみると、
邦画では「女優霊」、洋画では「ファニーゲーム」が怖かった。

胸糞悪い映画、という触れ込みの映画を観ても、
「いや、でもさ、ファニーゲームほどじゃないよね」
と、思ってしまう。

選べるのなら、「ファニーゲーム」を観ない方の人生を選びたかった。
映画を観た後はしばらく、卵をさわるのもいやだった。