2021/06/05

 


結婚して9周年、10年目なのである。
彼の忍耐強さはギネス級だってことを証明しちゃったね。


一度彼のお母さんと青山で天ぷらを食べてた時に、
「慎太郎君って実家にいたころ、怒ったことってあるんですか?」
って聞いたら、
「赤ちゃんの頃、おっぱいの出が悪かったときに一度怒ったきり、
あの子が怒った姿を見たことないわねえ」

と言ったのは、私が天国までもっていく大好きなエピソードの一つ。
赤ん坊時代の話かーいwww
自我が形成されて以降怒ったことないんかーいwww

そんなふうに温和に生きてきた彼だが、私が彼の人生に出現したことにより、
この10年で20回くらいキレさせた。
(そのことは彼のお母さんにはもちろん黙っていた)

まじでくだらないケンカをたくさんした。
デカい魚を家で捌くなとか(彼が気まぐれクックに影響されたのだった)
私が伊勢丹の試着室からルンルン気分で出たのに、リアクションが薄すぎて傷ついたとか。

私が「クリエイティブ」界隈で活動でき、作品を作り続けるられるのは、
ひとえに彼が生活を豊かにしてくれメンタルを穏やかに保ってくれるから。

(やっべー。ネットでの身内自慢は最高に恥だと知ってるのに。
のろけないように頑張ったけど無理だった。
9周年ともなればそりゃノロけたくもなるわい。許せ。)