30

久しぶりにロフトに行ってファイルなどを買った。鳩居堂の菊の香りのお香や安くなっていたRHODIAのノートも。あっという間に五千円。

編集している親戚のWikipediaを読んだ兄から「お前の文章だってすぐにわかる」と言われて驚く。
司忍の頁を参考に書いたんだけどな。
そもそもWikipediaに書き込むのは人生で初めてで、wikiポリスに何度も注意されているので(脚注を用いてどこの記述がどの文献によるものなのか明記してください!)ビビりながら書いている。形容詞や副詞は使ってないし、教科書の文章のつもりで書いたんだけど。

それでもにじみ出る私っぽい文章とはどの部分だろう。さっぱりわからなくて頭を抱える。句読点の打ち方とか接続詞のチョイスだろうか。

私が書いたってすぐにばれるなら、絶対に匿名掲示板に書き込んだりできないわね・・・。

「ネカマ」とよばれる、女性のふりをして書き込む男性なんかは、すぐに見破ることができるじゃないですか。あれはなんでだろうね。うまい人はうまいけど、その技術がうまかったところで心の闇を露呈してるみたいな気もする。
文章に性別はあるよね。



Untitled