2020年ルーツの旅

自粛生活も長く時間ができたので家族のルーツを調べてみようと思いつき、ほうぼうから資料を取り寄せてみた。
東京に住んでいると親戚とかご先祖様のことなんか忘れて、世界五分前仮説を信じそうになる。

昔の人って、自由でアツくて、「え、これが一人の人生?」という密度で進み、いろいろ信じられないことばっかりだった。

親族であるだけに涙なしでは読めない箇所も多々あり、あまり世に知られていない親戚のドラマをたどる、これはもう、自宅でできる旅としか言いようがない。

家族のルーツを調べた人はきっと、この気持ちがきっとわかるはずでしょう。
「こんなにドラマチックで激動の人生を歩んできたのに、なぜ大河ドラマに選ばれないの?!」
私は資料を読みながら100回くらい思った。

資料を探すのは結構大変だった。
ネットに載ってる情報なんて、本当にごく一部分でしかないということが身をもってわかった。
文献に残る偉業をなにかひとつでも達しないと、結局は世界に忘れ去られてしまうのか・・・と思うと切ない。

おっさんが自伝を書いて自費出版、とかいうのをみて、クスクスかっこ悪い~とか思ってたけど、定年後はみんな自伝を書くのを義務付けたほうがいいかもね。てか私は応援する!

小さな記事でも記録としては世界で唯一のものになったりするし、自分が語れることと目で見てきたことは全部記録に残しておいた方がいい。結果的に誰かにとって貴重な資料になるかもしれないので、パソコン持ってるんでしょ。みんな自伝を書いてください。