24

Netflixには長いこと世話になったが、ラインナップが自社新作やかつて話題になった大作ばかりで古典に弱く、SNSの「あれ観た?感動です!」的な話題が面倒なので、しばらく退会することにした。

子供のころは学校のテレビの話題についていけず、どうにかして翌日「見たふり」をするか、それが死活問題だった。
私があまりにも痛々しい知ったかぶりをするので、結末を言うまで電車に乗せてもらえない時もあった。(沈黙×永遠にも思える30分間の拘束)

私も毎日やられっぱなしじゃ癪に障るので策を打ち、「昨日のドラマがどんなストーリーだったか。目の前で演じてもらう」ということをやってもらった。

友達は争うように主役を演じてくれたし、ああでもないこうでもない、いやその時ツヨシは泣いていたはずだ、など言いながら物語のハイライトを検証し、しっかりと物まねつきでやってくれた。win-winの関係で一気に問題は解決。

古畑任三郎もひとつ屋根の下も、ジャニーズ系ドラマも全部、友達が演じてくれたからしっかりと記憶に残り、今でも話題に上ればついていける。


佐田啓二大好き。
「風前の灯」、めちゃくちゃおもしろかった。

最近は松竹映画を観ていて、小津・木下あたり。

小津安二郎には見る順番があるのだと、教えてもらいたかった。

もし未見の人がいれば、まずは「お早よう」から観て!!!!!!
私のファースト小津は「東京物語」だったと思うんだけど、眠くてだるくて。
でも頑張って「秋日和」「秋刀魚の味」も見たせいで撃沈。「小津は無理」という印象のままここまで来てしまった。
人生損した~