カサヴェテスと共感

カサヴェテスの伝記読んで、明日台風来るからつって予定調整の連絡したりしてそのままソファで寝た。

政治や宗教の話ではもう、多くと共感することはできない。
共感できるのは、人間の理性についてだけだ。
自分はそのために映画を作りたい、みたいなことをカサヴェテス言ってて、立派で泣いた。
「共感」ってぬるい言葉だけど、多様性ばっか尊重して共感がなくなったらおそろしいよね。

この間友達に、「出たよ~自称芸術家。『私は人とは違う』って思ってるみたいだけど、違わないから!みんなお前と同じこと考えてるから!辛いのは自分だけじゃないから!」って言われたこと思い出す。


よくもまあ、そんなこと言ってくれたよね。

昔だったらふざけんな、って取っ組み合いのけんかになってたかもしれないけど。
私もう穏やかな人間に生まれ変わったから、こう胸の前で両手を合わせて、
「ありがとう、嫌われる覚悟でそんなこと言ってくれて。友達って尊い」
って言ってやったー。