20191002

新宿の予定でヒールの高い靴を履いて行ったら目的地は日本橋の間違いで
(そう、高島屋間違い。東京あるある~)
もうすでに足は三割ほど死んでいたけれど、頑張って地下鉄に乗る。
コンビニで絆創膏を買う。
帰宅時には負傷兵。

昔は靴はパンプスしか持ってなかった。
7cmのヒールずるずるいわせて、寮までの坂道をあがってた。
で、2メートルの柵越え。

どう考えても自分の運動能力では越えられるはずないのに、あの時はまじで毎晩あの柵を飛び越えてた。
なんか、コツがあったんだよね。
先輩から教えてもらった気がする。
アザは作ってた。

そのとき服屋でバイトしてて、有線がちゃがちゃ回し過ぎて怒られたのと、私のことをガチで憎んでるっぽい社員がいて、こちとらとか思ってギラついてたこと、なんか今思い出した。


寝る前に横光利一読む。
ありとあらゆる時を共にしたせいで、まじで汚いこの本。
横光利一の俳句は本当よくないっす。



Untitled