20190201

沙織の赤ちゃんを見に宇都宮に行ってきたんだけど、宇都宮って本当にいいところで住みたい街ナンバーワンだった。
だって関東地方なのにジョイフルの路面店があるんやで。

こだわりの北欧風新居、かわいい赤ちゃん、人生設計のしっかりした旦那さん。

日当たりのいい暖かい部屋で、用意してくれたドイツランチを食べながら色んなことを話した。
(女のプライドで、自分が七年も日当たりゼロの沼地に建つプレハブ小屋に住んでるとは言えなかったよね)
 
ライフスキルが極端に低い私に、かつての愛読書は日経ウーマンという沙織は、社会保障あれこれを丁寧に教えてくれたのだった。

聞いたことのない情報の洪水でパニックになり、帰りの電車での記憶がない。

帰路に着いてもまだ私は考え、考えすぎて頭が爆発してしまったので、帰宅した彼を捕まえ、
「沙織の旦那さんの会社には社員食堂があるから夕飯作らなくていいんだって!」
と100回くらい言った。
やっぱり、どんな保障よりもそのエピソードが一番魅力的だった。