映画の感想

Amazonの口コミとか、映画の感想を書き込むSNSで、びっくりするほど丁寧でわかりやすく、すっと腑に落ちるようなコメントを書き込む人ってまじなんなの。

は~いい映画だったわね、もしくは、なんだこのクソ映画、と思ってネットの口コミを見ると、鋭い批評(しかし根底にしっかりと映画愛を感じる)や、見落としていた重大な意味、トリビア的な補足が書かれていて、こんな貴重な情報を書いてくれた誰かさんには、何か急いでお礼の品を送らねばいけない気分になる。


有名な映画評論家の文章などを読むと、なぜイライラするのかな。
評論家というのは、職業にするとプライドやしがらみなどがあって、とても神経を使う大変な仕事なのだろう。
だけどそういう文章は総じて
「こんなに細かいことに気づく僕ってすごいでしょ。褒めて褒めて褒めて~」
という圧を感じてしまうのだ。

タダより高い物はないという。
大人になるとますますその意味がわかってくる。
だけど映画の口コミだけは、どうだろう。
名前も知らないどこかの映画ファンの意見こそ、とても貴重だったりする。
素直に読むことができるし、感想を読んだだけなのに、暖かい気持ちになることもある。