東京お菓子考

IMG_7024





お菓子が主食なんて本当にどうかしている、と思春期の私は母を見て思っていたのだが、遺伝子タイマーが発動したのか、最近は似たような暮らしぶりになっているのが恐ろしい。

東京は延々と夢みたいにおいしいお菓子が手に入るので飽きない。
それが誰かからのお土産だともう、おいしさはうれしさになり、うれしさはおいしさに。

私、余命が判明したらその時は、ヨックモックのシガールを気絶するまで食べたい。
(涙にぬれたシガールがおいしいことを知っている人は、みんな私の友達)