尻屋崎

IMG_0709

青森にはかっぱ研究で行った。

宿泊した宿のおかみさんが超怖くて、彼は到着してから宿を出るまでに6回以上怒られていた。
私はお行儀がいいから平気だと思い、彼が怒られているたびに、にやにや笑っていたら、朝食に出た刺身の上に乗っている薬味だけ先に食べた瞬間、超怒られた。

宿の人たちは大声ではっきり脳内に直接話しかけるので、始終見つからないようにびくびくしていたんだけど、そういうのって都会で暮らしていると皆無で、まるで小学生に戻った気分でしゅんとなる。

でもあの旅館は驚く。口コミの通りだった。
外観はおんぼろ小屋なのに、中は隅々までぴかぴか。
今まで生きてきて、あんなきれいなぼっとん便所、みたことない・・・(でもまあ、平成30年でまだぼっとん便所ってことには驚いたけど)

前の晩から雨が降っていた。全ての情報源がその日も一日雨だというので、尻屋崎灯台は諦めようとしたんだけど、おかみさんだけが、
「12時に雲が切れて晴れるから、行くならその時を狙うんだね」
と言いきった。
そして信じて思い切って行ってみたら(その時点でおかみさんのとりこになっていた)本当に12時の時報と共にふわーっと空が明るくなって、その通り見事に晴れたのだった。