恐喝こそ我が人生



自分の持ち味を、まだ理解していなかった頃の、松方弘樹。

(私たちのヒロキは、やっぱり東映じゃなきゃね)