真田幸村の謀略



まるで時代劇とは思えぬ、ラストシーン。
しかし、 あおい輝彦の瞳のキラキラは、CGなんかでは、ないのだ。

松方弘樹の研究(通称松ケン)をすればするほど、知られざる名作に出会えるから、たまらない。