「アスファルト」

フランス映画「アスファルト」を観に、有楽町へ行った。
何日経っても、じわじわと胸を温かくするいい映画!!!

キャストがとにかく最高で、イザベル・ユペール、マイケル・ピット、それに監督の息子のジュール・ベンシェトリが少女マンガの主人公のように美しかった・・・。
彼は美しすぎて、見てて不安な気持ちになる。彼の前世は徳を積んだ人なんじゃなくて、むしろ極悪人だったんじゃないか?と思えてくる。

映像のテイストは、難解な映画のようにシンプルで静かな雰囲気だけど、ストーリーは優しくて、洒落ていた。
だって、NASAに電話したところ、保留音が「美しき青きドナウ」なのである。