2016/02/24「悲しみよ、こんにちは」

仕事が終わってアテネフランセで、「悲しみよ、こんにちは」を観た。
ジーン・セバーグの可愛らしい肢体!
お箸でつまんでぱくっと食べちゃいたい感じ。
セシルカットのきわどさ。まねすると大変なめにあいそう。

明るい日差しのフランス映画を観ていると、気分がよく爽やかな気持ちになって、観ている最中にインフルエンザが蔓延している室内ということも忘れて思わず深呼吸してしまうのである。