2011/05/20

わたなべくんに「照明貸して。」と言ったら、「店にあるから買えば?」と言われ、電車とバスを乗り継いで行ってきた。

「お店の場所はぐぐって」と言われたので、ググってみたら、店のホームページにはわたなべくんの写真がたくさん載っていた。

お店に行ってみたらマキシマムザホルモンのメンバーみたいな店員さんがいて、案の定、マキシマムザホルモンのライブDVDをがんがん流してた。

私はわたなべくんのおかげでアイランプとケーブルをふたつずつ、非常に安く購入できた。

わたなべくんは、きびきびと動いていて、ガードレールを飛び越えたり、ベッドを運んだりしていた。

私は、邪魔にならないように、冷蔵庫の影からそれをずっと見ていた。

夜にわたなべくんにお礼の電話をしたら、「ガンガンジャッジャ」という音で声が聞こえなくなった。

「何の音?」と聞いたら「焼きそばの湯切り」と言っていた。

それから声がだんだんと遠のいていって、電話は終わった。