2010/08/12

兄が週末帰ってきて、洗車について行ったら「いいところに連れてってやる」と言われて、夜のピクニックになった。
風力発電所のある山まで行った。
半袖じゃ寒くて、静かなところ。
空気の情報量が0で、風力発電の風車がゆっくり回っていて、星と月が近くて、銀河ステーションってこんなところだろうなと寝転びながら思った
車内のBGMは延々ラップとトランスで、私は、ラップの試合をしつこく申し込まれた。
兄は、「俺らはジブさん(ジブラ)に言葉を与えてもらった」
と言ってた。
道なき道を走る我々